学歴や肩書にこだわる日本人の残念な選別眼 「何者か」よりも「何ができるか」が大事だ

東洋経済オンライン / 2018年3月14日 10時0分

3月に入り、いよいよ本格的にスタートした就職活動。さまざまな業界で人材不足が問題視され、「超売り手市場」と言われている日本国内の一方、目を海外に向けると、企業側が求める人材像に少なからず存在する「ギャップ」が浮かび上がってきます。 『全米No.1バンカーが教える最強の気くばり』の著者、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング