マグロ運搬会社、MBOに大株主が反発のワケ 経営陣・大株主・村上ファンドの乱戦の結末

東洋経済オンライン / 2018年3月22日 8時0分

MBO(経営陣による自社買収)での上場廃止を企図し、株式公開買い付け(TOB)中の東栄リーファーライン。9.76%を保有する株主が、MBO阻止を目的とした臨時株主総会開催の許可を裁判所から取り付けながら、開催を断念していたことがわかった。 東栄RLは超低温冷凍船によるマグロ運搬会社。マグロ畜養・養殖用餌の買い付け販売事業や小型FRP(繊維強化プラスチック)船によるマグロのはえ縄漁業への新規参入を計画しており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング