写真

過度な孤独の推奨は「孤独の常態化」を招きかねないリスクをはらんでいる(写真:AH86 / PIXTA)

冒頭、筆者自身の体験をご紹介したい。 6年前の夏、1本の電話が真夜中に鳴った。電話をとった夫が言葉を失い、その顔が見る見るうちにこわばるのが見えた。義父が亡くなったことを知らせる電話だった。享年60歳。 孤高の人だった。抜群に頭がよく、プライドが高い人で、友達はほとんどいなかった。弁護士として一時は成功を収めたが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング