写真

九州を中心に店舗を展開するドラッグストア大手のコスモス薬品。柴田太社長が、就任わずか10カ月で経営企画部長に降格することになった(編集部撮影)

「私の力不足でした。自ら辞意を申し出ました」。九州地盤のドラッグストア、コスモス薬品の柴田太社長(46)はそう打ち明ける。 5月15日、コスモス薬品は突然の社長交代を発表した。社長の柴田氏が6月1日付で経営企画部長に降格。営業本部長兼店舗運営部長の横山英昭氏(37)が社長に就任する。柴田氏は創業者で当時社長だった宇野正晃氏(71、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング