日大アメフト選手の償いとメディアの無慈悲 ひどいのは監督、コーチ、学校だけではない

東洋経済オンライン / 2018年5月23日 12時30分

「ついに」と言うべきか、「ようやく」と言うべきか。 5月6日に行われたアメリカンフットボールの日本大学と関西学院大学の定期戦で起きた騒動に、大きな進展がありました。関学大の選手に悪質なタックルを仕掛けて負傷させた日大の選手が、都内の記者クラブで記者会見を開いたのです。 この会見で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング