「富裕層監視」のため世界各国が連携する事情 国税庁も「税金逃れ」対策を強化している

東洋経済オンライン / 2018年5月28日 13時0分

2016年に「パナマ文書」、2017年には「パラダイス文書」の流出によって、鳩山由紀夫元首相やマンガ家の鳥山明さん、歌手のマドンナさんなど数多くの著名人たちが「タックスヘイブン」にかかわっていることがわかり、大きく報道されました(事実確認や調査事績についてはあまり報道されず、うやむやになってしまいましたが)。 タックスヘイブンという言葉を聞いたことがあっても、意味までを理解している読者は少ないのではないでしょうか。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング