銀行員が「一生安泰」ではなくなった深刻背景 儲けられなくなった本業、急増する転職者

東洋経済オンライン / 2018年5月28日 8時0分

ここ5年ほどで、銀行員の転職が急増している。本業の収益先細りや相次ぐ人員と店舗の削減計画の発表で、これまで一生安泰と見られてきた銀行員のキャリアへの不安が顕在化。支店長を目指して勤め上げる出世すごろくは崩れ、銀行を離れる人が続出しているのだ。 ■同期の2割しかなれない支店長のポストがさらに減る 『週刊東洋経済』は5月28日発売号(6月2日号)で「銀行員の不安」を特集。銀行員のキャリアの変化やメガバンクの経営戦略、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング