エスティマやキューブが全面改良しないワケ 長く作り続けなければならない車種の悲哀

東洋経済オンライン / 2018年6月6日 8時0分

同じ名前の車種が内外装のデザインだけでなく、パワートレーンや先進機能、場合によってボディサイズなどまで大きく変わる。それが可能になるのは、フルモデルチェンジ(全面改良)だけだ。6月下旬に新型車の発表を控えている、トヨタ自動車の「クラウン」は今回で14回目(15代目)のフルモデルチェンジとなる。 ■人気車の全面改良が先延ばしにされる不思議 1965~1990年頃まで、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング