今秋の「新型iPhone」は何がどう変わるのか 「画面が小さいほうが安い」は過去のものに

東洋経済オンライン / 2018年6月20日 18時0分

アップルは米国時間6月4~8日にカリフォルニア州サンノゼで開催した世界開発者会議「WWDC2018」で、今秋公開予定のソフトウエアを披露した。開発者たちは、そのリリースに合わせ、新しい機能を盛り込んだアプリ開発に取り組むが、一般のユーザーの次の注目は、アップルが秋に発売することが見込まれる“次のiPhone”に移ってくる。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング