万年筆老舗、「逆転の発想」で挑む生存競争 「使い捨てでないこと」がこれからの強みに

東洋経済オンライン / 2018年6月21日 13時0分

1919年(大正8年)に設立され、今年創業99周年を迎えたプラチナ万年筆。文具メーカーが群雄割拠した戦前に、万年筆にこだわりながら、その品質と販売手法で頭角を現した。戦後も技術革新をリード、高度成長の時代に全盛期を迎える。しかしその後、長い斜陽の時代に突入。その間もものづくりへのこだわりを捨てず、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング