広陵、「背番号10の主将」が甲子園でみた風景 二松学舎大付に惜敗、広島県代表として・・・

東洋経済オンライン / 2018年8月14日 8時0分

広島大会をノーシードで勝ち上がり、2年連続で甲子園にたどりついた広陵が8月12日の初戦(2回戦)で対戦したのは、全国最多の132校が出場した激戦区、東東京大会を制した二松学舍大付だった。 広陵の中井哲之監督が「甲子園に来てから調子がよくて、150キロは出ると思った」という先発投手の森悠祐が初回からいきなりピンチを招く。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング