写真

公共交通の利用促進に向け、今回データが整備される公共交通機関はモノレールとバス、そして離島をつなぐ航路だ(筆者撮影)

沖縄本島がいま、レンタカー利用拡大の対応に追われている。 沖縄県内のレンタカー台数は2012年3月から2017年3月の5年間で約1万台増えた。そのうちの8割は沖縄本島で営業を行う車両で、約7000台増えている。沖縄の玄関口となる那覇空港の送迎場では、多くの人がレンタカー会社の送迎車を待っている光景が見られる。 いま、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング