わずか10cmの車間に収める「NY」の路駐事情 丸山ゴンザレスがマンハッタンに見たカオス

東洋経済オンライン / 2018年8月18日 10時0分

アメリカ・ニューヨークは、ジャーナリストの俺にとって取材で訪れる街だ。特にここ数年は何度となく滞在している。なぜかといえば、「都市は生き物である」との認識があるからだ。つねに変化が生まれて、訪れるたびに違った姿を見せてくれる。 最近では、世界中の街を取材することが増えたせいか、これまでに見えなかったことも見えるようになってきた。いろんな街と比較することで、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング