「ランサムウエア」の脅威はまだ続いている 対処ソフト登場だが問題は企業のリスク意識

東洋経済オンライン / 2018年8月20日 8時0分

人知れずパソコンに感染し、重要なデータやファイルを使えない状態にされ、しかもそれを解除するための“身代金”を要求される――。コンピュータウイルス「ランサムウエア」の脅威はすさまじい。 ランサムウエアによる被害報告で代表的なものが、2017年5月ごろから感染が流行した「WannaCry」だ。世界150カ国30万件以上の被害があったとされ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング