写真

東横線を走る西武の電車(右)。相互直通運転で便利になった一方、遅れが他社線にまで影響しやすくなった(筆者撮影)

首都圏では近年、新たな直通ルートが続々と開業し、乗り換えなしで長距離移動ができると、利便性が向上したかに喧伝されている。 しかし、本当のところはどうなのだろうか? 電車が以前にも増して混雑する、始発駅だったものが中間駅となってしまったので、確実に座れなくなった、縁もゆかりもなかった路線の事故の影響を受ける、などなど否定的な意見が述べられることもある。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング