中国人が日本の「果物」に心底唖然とした理由 沢木耕太郎「鏡としての旅人」より

東洋経済オンライン / 2018年9月21日 11時0分

沢木耕太郎、と聞いて真っ先に思い浮かぶ言葉は「旅」という人は少なくないだろう。1986年に発売された旅行記『深夜特急』(最終巻は1992年発売)は、1980~1990年代の若者、とりわけ、バックパッカーから絶大な支持を受け、その後の旅の仕方にも大きな影響を与えた。 その沢木氏の25年分の全エッセイを掲載した『銀河を渡る』が9月末に刊行される。『深夜特急』や『一瞬の夏』などヒット作の創作秘話や後日談だけでなく、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング