写真

岩手県立不来方(こずかた)高校生徒の自死について、県教育委員会も調書を作るが…(写真:筆者撮影)

バレーボールのU18代表候補に選ばれるほどの才能を持った17歳の生徒が、自ら命を絶った。 岩手県立不来方高校(紫波郡矢巾町)の男子バレーボール部に所属していた3年生の生徒が、7月3日に自死した。そのわずか半年前には春高バレーに出場。中学では日本選抜(12人)入りし、この3月には高校日本選抜を決める最終合宿まで残るほどの逸材だった。 なぜ生徒は自死を選んだのか。前回記事(岩手17歳バレー部員は「遺書」に何を書いたか)では生徒が残した遺書と、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング