写真

長年実家ぐらしだと、ついつい居着いてしまいますが…(イラスト:堀江篤史)

東京の中央線沿線にある老舗の喫茶店に来ている。小さなテーブルを挟んで筆者と向かい合っているのは、機械メーカーで働いている大林康彦さん(仮名、45歳)と病院勤務の美佐さん(仮名、46歳)。昨年結婚したばかりの晩婚さんだ。 2人ともおとなしそうな風貌だが、康彦さんのほうは目が少年のように輝いている。カピバラのようなかわいらしい雰囲気だ。そんな康彦さんを愛おしくて仕方ない様子で美佐さんが寄り添っている。 小さな懸案もある。2人は東京の西部にある2DKのアパートで新婚生活をしているが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング