実は超難しい「乳がん診断」、スゴイ新技術 死亡者ゼロを目指す、ある研究者の野望

東洋経済オンライン / 2018年11月18日 13時0分

女性の死因の上位を占める乳がん。日本でも乳がんの患者は年々増え続けており、その割合は先進国の中でも最悪のレベルだ。一方で乳がんは、早期発見で治りやすいがんでもある。しかし一般的な「X線マンモグラフィ」は、何かと問題があるという。その問題を打ち消すと期待される、新たなマンモグラフィとは? ■乳がん検診を受けている女性は少ない 女性の死因の上位を占める乳がん。全世界で毎年160万人以上にあらたな乳がんが見つかり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング