写真

日産自動車は3期連続で減益の見通し。北米の販売奨励金が利益の圧迫要因になっている(撮影:大澤 誠)

3月期決算企業の2018年4〜9月期(中間)決算が出そろった。東洋経済予想では、2018年度の通期営業利益の見通しは前年比4.6%増。2017年度の同12.9%増に比べて減速する。各社の決算について「会社四季報」の業界担当記者に聞いた。 ──米中貿易戦争で自動車が焦点になっている。 自動車担当独ダイムラーやBMWは上期大幅減益だったのに対し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング