弱気充満の市場に「意外な株高」の可能性 ハイテク株や一部の中小型株は売られすぎだ

東洋経済オンライン / 2018年11月19日 10時0分

10月の株価の大波乱は、同26日の日経平均株価2万0971円で底を打ったかに見えた。だが、その後の伸びには力がない。逆に下値不安を感じる局面が続いている。 理由は、といえばあまりに不透明材料が多いためだ。ごく一部を除いて解決のメドが立たず、株価反転のきっかけがつかめない。 ■株価は「悪材料テンコ盛り」の中でも踏ん張っている その不安材料を列挙すると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング