写真

カルロス・ゴーン。2016年の東洋経済でのインタビューで(撮影:梅谷秀司)

日産自動車のカルロス・ゴーン代表取締役会長を東京地検特捜部は11月19日、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の容疑で逮捕した。特捜部は日産自動車の家宅捜索も19日より行っている。 日産自動車が発表した内容では、内部通報を受けて、ゴーンやグレッグ・ケリー代表取締役の不正行為を内部調査を行ってきたとのこと。 その結果、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング