日産が20年越しで開発した新エンジンの衝撃 圧縮比を可変させる夢の技術が遂に完成した

東洋経済オンライン / 2018年12月6日 18時0分

日産自動車がアメリカで販売するSUV「インフィニティQX50」には、世界初となる「可変圧縮比ターボ・エンジン」(VCターボ・エンジン=VariableCompressionTurboEngine)が搭載される。今回、これを日本の公道で試す機会を得たので早速リポートしていこう。 ■燃費もパフォーマンスにも優れるエンジンの実現 日産が可変圧縮比エンジンの開発を始めたのは1998年のこと。実に20年もの時を経て開発してきたわけだ。 エンジンの圧縮比は基本的に固定されている。ピストンの上死点と下死点で決まるシリンダーの容積は当然不変のもの。しかし日産はこの容積を自在に変えることで圧縮比を可変させる技術…

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング