中学受験で教育虐待しやすい親の2つの特徴 「あなたのため」が子どもを追いつめる皮肉

東洋経済オンライン / 2018年12月7日 9時30分

わが子に中学受験をさせようというような親は、例外なく教育熱心です。わが子のためなら何でもする。そんな覚悟が感じられます。しかし皮肉にも、教育熱心すぎる親が、子どもを過度に追い詰めてしまうことがある。それを近年「教育虐待」と呼びます。いわば「中学受験のダークサイド」です。 ■理性の皮を被った感情による暴力 「虐待」などというとひどい親を思い浮かべるでしょうが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング