「母の孤独死」42歳男に突如訪れた壮絶な現場 増加する単身世帯、誰の身にも起こりうる

東洋経済オンライン / 2018年12月10日 7時30分

誰にも看取られることなく、ひとり、部屋で亡くなる孤独死――。 ニッセイ基礎研究所によると、現在その数は年間約3万人と言われている。そして、同研究所はこの数は、今後さらに増えるだろうと予測している。生涯未婚率の増加などによって、単身世帯は年々増加の一途をたどっているからだ 家族に孤独死が起こってしまったら、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング