3メガ融資先、パーム油生産大手で人権侵害 インドネシアで実態判明、ESG方針の試金石に

東洋経済オンライン / 2018年12月11日 7時0分

日本のメガバンク3社から多額の融資を受けているインドネシア食品大手傘下のパーム(アブラヤシ)油生産企業で、数多くの人権侵害が起きている事実が判明。融資継続の是非が問われる事態になっている。 問題が指摘されているのは、インドネシア最大手の食品会社インドフードだ。 マレーシアに本拠を置く国際的なパーム油生産に関する認証団体のRSPO(持続可能なパーム油のための円卓会議)の紛争パネルは11月2日に報告書を発表。約2年にわたる検証の結果として、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング