写真

国会前でプラカードを掲げ、強硬採決に抗議する人たち (写真:共同通信)

外国人労働者の受け入れを拡大する出入国管理法改正案が、12月8日、参議院本会議で可決、成立した。新たな在留資格を設け、幅広い業種で外国人労働者の受け入れを拡大することになるが、業種や受け入れの規模・人数も決まっていないなど、さまざまな問題が指摘されており、実質的に「移民法案」となっているとの声もある。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング