アメリカの「バブル崩壊後」に起きる「大転換」 トランプが置かれた状況は「1930年代」に似る

東洋経済オンライン / 2019年1月16日 7時30分

年が変わり、株式市場は反転した。一見、落ち着いてきたようにも見える。だが値動きを見る限り、本質は何も変わっていない。そんな中、前回のコラム「日米を襲う『債券バブル崩壊』の恐ろしい結末」で紹介した、レイ・ダリオ氏のファンドによる突出した好成績が発表された。 2018年のヘッジファンドの平均運用成績がマイナス6.7%だったのに対し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング