「事故物件」、知らずに契約しないための知恵 プロが教える見抜き方と業界慣行の抜け道

東洋経済オンライン / 2019年1月20日 7時30分

殺人や自殺、火災、孤独死などで人が亡くなった物件を事故物件と呼ぶ。そんな事故物件と知らずに不動産を購入したり、賃貸契約を結んでしまったりしたら、どうだろうか。事故物件であることを隠して、高い賃料で入居させたい。そんな大家や不動産会社もいるかもしれない。 ■事故物件の可能性を疑ったほうがいい場合とは 事故物件を、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング