三菱「デリカD:5」の顔が極端にいかつい理由 走破性を維持しながらも見た目が大きく変化

東洋経済オンライン / 2019年1月24日 7時20分

三菱自動車は昨年11月から新型「デリカD:5」の予約注文を開始した。マイナーチェンジながら、その顔つきはトヨタ自動車の人気ミニバンである「アルファード」や「ヴェルファイア」のようにいかつく、新しく生まれ変わったように見える。 顔つきを大きく変えた理由は、同社のSUVである「アウトランダー」が4年前に新しい三菱の顔として導入したダイナミックシールドという方向性を、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング