トヨタが「国際レース」に力を入れる意外な理由 「走り」と「IT」を担う友山副社長を独占取材

東洋経済オンライン / 2019年2月11日 7時40分

トヨタ自動車執行役員副社長の友山茂樹氏は、2つの(実際にはそれ以上の)顔を持っている。TOYOTAGAZOORacingとしてWRC(世界ラリー選手権)やWEC(世界耐久選手権)といったグローバルでのトップカテゴリーのモータースポーツに参戦し、またそこで培ったノウハウを活かしたスポーツモデル「GR」シリーズを展開するGAZOORacingCompanyのプレジデントを務める一方で、同時にコネクティッドカンパニーのプレジデントとして、これからのクルマに欠かせないコネクティッド技術の展開を中心となって推し進めているのだ。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング