日経平均は再びあっさり2万円を割れるのか 市場には急速に「弱気論」が台頭している

東洋経済オンライン / 2019年2月11日 7時50分

日経平均株価は一時ようやく25日移動平均線を越え、その平均線も上向きになり、外国人投資家の1月第4週は買い転換と、上値トライの体勢が整ったかに見えた。だが、海外株高で条件優位の先週5日(火)、6日(水)とも2万1000円を超えることができず、外国人投資家の1月第5週は再び売り越しに転じ、逆に週末8日には25日移動平均を割れてしまった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング