写真

きれいで明るい--ライバル社の店舗も同じように見えるが、品ぞろえは全く違う(写真:セリア)

今や私たちの生活になくてはならない存在になった100円ショップ。ただ競争激化に加え、コスト増大という苦しみが各社にはのしかかってきている。これを逆にチャンスと捉えているのが業界2番手のセリアだ。 セリアは2018年度第2四半期決算が10年ぶりの減益に沈んだ。株価は1年前の半値に下落しており、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング