アメリカ株は「もう上がらない」と言い切れるか FRBの政策変更は世界経済に好影響を与える

東洋経済オンライン / 2019年2月12日 7時20分

世界の株式市場は昨年12月に大幅下落となった後、2019年1月には大きくリバウンドした。特に、株価下落の震源地となったアメリカ株市場は、12月に10%前後下落したが、1月にはその下落分の約8割を取り戻し、その後2月に入っても上昇基調は崩れず、ほぼ2カ月ぶりの水準まで戻っている(2月8日時点)。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング