写真

「ミーティック」(左から2つ)「ティンダー」(中央右)「ペアーズ」(右)など、性格の違うマッチングアプリを複数展開する理由とは(写真:マッチグループ)

恋人探しをスマートフォンの「恋活(マッチング)アプリ」で行う人が増えている。日本で最大規模の「Pairs(ペアーズ)」を運営するエウレカは1月、累計会員数が1000万人(台湾、韓国も含む)を突破したことを発表。過去1年間で300万人増というハイペースの伸びだった。また、同社が把握しているだけでも20万人以上がペアーズを使って恋人と出会い、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング