写真

Honda Super Cub C125と試乗する筆者(撮影:尾形文繁)

スーパーカブの初代モデルであるC100はホンダの創業者である本田宗一郎氏と藤澤武夫氏の指揮のもと開発が行われ、1958年に誕生した。2017年には世界累計生産台数1億台を達成。2018年9月に発売した「SuperCubC125」は初代C100から続く伝統をベースに進化したグローバルモデルとしてホンダは展開している。 実際に試乗した筆者(ホンダ「スーパーカブC125」乗ればわかる進化)がスーパーカブC125の開発責任者である本田技術研究所二輪R&Dセンターの勝田淳平氏と松本安弘氏にインタビューを行った。 ■スーパカブC125のコンセプト ――今回、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング