写真

居住者が住む部屋の「専有部分」以外で考えても「共用部分」にほころびが出ていることが少なくありません(写真:Torsakarin/iStock)

「負動産」という言葉をご存じでしょうか。 「負」は負債の負。売りたいのに売れず、現金化できずに負債となった不動産のことです。マンションの場合、負動産は売れないだけではなく、持ち続けているかぎり管理費、修繕積立金、固定資産税などの金銭的な負担も所有者に重くのしかかってきます。 私はマンション管理士として約15年ものあいだ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング