写真

次々と不正やミスが発覚している政府統計。現状の体制で統計精度の向上はのぞめるのか(写真:MorePixels/iStock)

厚生労働省による毎月勤労統計の不正に端を発した政府統計の問題は、論点が多岐にわたり、国会での審議も収拾がつきそうにない。弥縫策で取り繕ってきた統計部署の予算・人員不足の限界が露呈し、届出なしの調査方法の変更といった統計法違反に該当する事例や、ケタ違いのチェック漏れによる修正など、次々と不正やミスが発覚している。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング