写真

生まれてくる子どもに障害があるかないかがわかる時代の現実をつづります(写真:Milatas/iStock)

■「この子の将来を考えるためにも診ましょう」 「正直、当時はお腹の子どもに聞きたかったですね。『お前は生まれてきたいのか?』って」 お菓子を夢中で頬張る倖太くん(5歳)を見つめながら話すのは、父親の矢口貴史さん(44歳)だ。 母親の紀子さん(41歳)が、36歳のとき、妊娠9週目の健診で医師から首のむくみを指摘され、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング