写真

2018年10月にはライオン航空のボーイング「737MAX8」がインドネシアで墜落した(写真:ロイター/アフロ)

世界中の旅行客の背筋を凍らせた、米ボーイングの新型小型旅客機「737MAX8」の墜落事故。その余波は思わぬ形で、航空機業界以外にも飛び火しそうだ。 この3月10日にはエチオピア航空が首都アディスアベバ近郊で、2018年10月にはライオン航空がインドネシアで墜落。どちらも機体は「737MAX8」だった。 わずか半年の間に2度も墜落事故が起こったという現実。これを受けてアメリカでは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング