写真

退職金を前払い制度で支払う会社が増えている。サラリーマンにとっては「もらい方次第」で老後に大きな差がつく可能性がある(写真:ocsa/PIXTA)

「人生100年」と言われるほど長寿の時代になりました。サラリーマンの皆さんにとって、老後の生活を支える柱は年金と退職金でしょう。この2つの制度に最近、構造変化が起こりつつあります。 ■年金と退職金をとりまく「3つの構造変化」とは? 具体的には、①公的年金の加入者が拡大している②退職金はやや減少傾向となり、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング