写真

2017年10月22日の衆院選開票で、当選確実となった自身の名前に花をつける萩生田光一幹事長代行(右)と安倍晋三首相(写真:時事通信)

とうとうというかやはりと言うべきか、安倍晋三首相の側近が今年10月からの消費税率引き上げの延期に言及した。しかも、その場合には衆院解散・総選挙を断行するとの見方も示し、10連休突入を前に「5月の解散風」が永田町に吹き始めた。 政界では、今国会での会期末解散による衆参同日選論が取り沙汰されており、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング