写真

医師の中村氏は家族に見守られずに、たった1人で亡くなっても、幸せな最期は可能だと言う。中村氏の経験した村の人びとの最期について語ってもらった(写真:siro46/PIXTA)

金ない、人ない、施設もない。けれども、「家で逝きたい、看取りたい」という「村人」の希望に“伴走”して四半世紀。福井県にある高齢化率38%、人口2384人の旧名田庄村(現・おおい町)にたった一人の医師として赴任し、在宅医療、介護、看取りを支援してきた中村伸一氏は、大往生とは何かを考え続けてきた。 家族に見守られずに、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング