写真

イスラエル総選挙で善戦し、支持者に手を振るネタニヤフ首相(右)と夫人(写真:ロイター=共同)

アメリカのトランプ大統領による”熱血支援”が効いたのか――。 4月9日に実施されたイスラエルの総選挙。議席が固まり、結果は、ネタニヤフ首相率いる与党の右派政党「リクード」が国内メディアの予想に反し、善戦した。事前予想ではリクードの議席数は29だったが、前回を上回る36議席を確保したのである。 対照的に、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング