写真

人手不足が深刻になり、政府は成長戦略の一環として副業や兼業を促す取り組みを検討している(撮影:梅谷秀司)

人手不足が深刻化する中、副業や兼業を促す取り組みが検討されている。今年6月に取りまとめ予定の成長戦略に、副業や兼業の促進策が盛り込まれる方向で議論が進んでいる。 経済産業省の産業構造審議会「2050経済社会構造部会」が4月15日に開催され、労働市場の構造変化の現状と課題について議論された。その中で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング