写真

欧米歴訪に出発する安倍晋三首相(中央)ら。29日までにフランス、イタリア、東欧4カ国、欧州連合、アメリカ、カナダの首脳らと相次いで会談する(写真:時事通信)

令和新時代スタートまで1週間を切る中、統一地方選を終えて欧米での首脳外交にいそしむ安倍晋三首相の表情には余裕と自信がにじんでいる。 統一地方選の焦点となった大阪ダブル(府知事・市長)選と衆院2補選での手痛い敗北も「地域の特殊事情」と見切り、全体では自民党が堅調だったことから夏の参院選に手ごたえを感じているからだ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング