写真

ニューヨーク証券取引所、2019年5月14日(写真:REUTERS/Brendan McDermid)

新天皇が即位し、令和という新しい時代を迎えましたが、株式市場は波乱の幕開けとなっています。 10連休という史上まれにみる長期官製休暇が明け、令和初の取引となった5月7日。日本の株価は、連休中にアメリカの株価が大きく変動し下落した流れを受け、連休前の4月26日比で335円安と大きく値を下げて取引を終えました。 発端は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング