写真

例年、土用の丑の日に需要が高まるうなぎだが、近年は大量廃棄が問題となっている(編集部撮影)

恵方巻きや土用の丑の日のうなぎなど季節のイベントが行われる際に、食品の大量廃棄が注目されるようになってきた。まだ食べられるのに廃棄されている食べ物、いわゆる「食品ロス」は日本では毎年約640万トンに上り、社会問題化している。 農林水産省によると、食品ロス年間約640万トンのうち一般家庭で発生するものがおよそ半分。残りの企業活動を通じて発生するもののうち(年間約350万トン)、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング