写真

クラウドファンディングサービス「Makuake(マクアケ)」で資金調達を実施した日本酒。既成概念にとらわれないユニークな商品が多い(記者撮影)

日本人の“日本酒離れ”が進んでいる。清酒の販売数量は20年以上右肩下がりだ。日本酒造組合中央会によれば、2017年度の清酒販売数量が53.3万キロリットルとなり、20年前の約半分の水準。チューハイやワイン、ハイボールなどに押され、特に若い世代の支持を得られなくなっている。 日本酒業界も手をこまぬいているわけではない。活路を見いだしたのが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング