写真

亡くなったホームレスの小屋には花が供えられていた(写真)。病気などで亡くなることが少なくない、ホームレスの健康を悪用する貧困ビジネスの手口とは(筆者撮影)

ホームレス。いわゆる路上生活をしている人たちを指す言葉だ。貧富の格差が広がる先進国において、最貧困層と言ってもいい。厚生労働省の調査によると日本のホームレスは年々減少傾向にあるものの、2018年1月時点で4977人(うち女性は177人)もいる。そんなホームレスたちがなぜ路上生活をするようになったのか。その胸の内とは何か。ホームレスを長年取材してきた筆者がルポでその実態に迫る連載の第9回。 ■健康を保つのが難しいホームレス 野宿生活はとても過酷だ。健康を保ち続けるのはとても難しい。また、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング